もうじき赤ちゃんが1歳になるからそろそろお絵描きさせたいと思われていることでしょう。

 

ですが「お絵描きする道具を口の中に入れたりしたらどうしよう」なんて心配もあるので赤ちゃんにお絵描きはまだ早いのかもしれないとも思われてるはず。

 

はたして、赤ちゃんのお絵描きはいつからがよろしいのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

赤ちゃんのお絵描きはいつからがいいの?

赤ちゃん お絵描き いつから

赤ちゃんがお絵描きに興味を持つようになる時期は子供によって違いますので全部が全部というわけではありませんが、大体1歳くらいから興味を持つようになりますので、1歳からお絵描きをさせるという人が多いです。

 

ただ、赤ちゃんにお絵描きをさせる場合は年齢以外の部分ですと口におもちゃを入れなくなったクレヨンを握ることができるようになったといった部分がポイントになります。

 

 

赤ちゃんにお絵描きをさせるときのポイント

赤ちゃんにお絵描きをさせるときにちょっとポイントがありますので、いくつか赤ちゃんにお絵描きさせる際のポイントを見てみましょう。

 

 

赤ちゃんのお絵描き:紙

まず赤ちゃんのお絵描きをする際の紙は大きめのものを用意しましょう。

 

赤ちゃんはまだ手先が上手くコントロールできないためお絵描きするときは腕全体を使って描くことになるので、それによって小さいスケッチブックなどでは紙からはみ出して床やテーブルを汚してしまうことがあります。

 

なので、赤ちゃんがお絵描きをする際には絵が描きやすいように大きめの紙を用意してあげるといいでしょう。

 

また、床やテーブルが汚れてしまわないように紙の下に新聞紙を広げて置いておくというのも赤ちゃんのお絵描きをする際のポイントになります。

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんのお絵描きのクレヨンなどの道具

赤ちゃんのお絵描きをする際のクレヨンなどの道具に関しても注意する点がいくつか存在しますのでそれを見てみましょう。

 

 

赤ちゃんに対しての安全性

赤ちゃんはなんでもすぐに口の中に入れてしまいますので、体の中に入れても害のない成分で作られてるクレヨン等の安全性が高いものをお絵描きで使うとよろしいでしょう。

 

 

赤ちゃんの持ちやすさ

赤ちゃんの時はまだ持ったり握ったりするのが苦手ですので、太くて握りやすいサイズで折れにくいクレヨン等がお絵描きにオススメされています。

 

 

汚れにくい

周りを汚さないように注意していても汚れてしまうことはどうしてもあるかと思いますので、汚れにくく落ちやすいクレヨン等を選ぶのがお絵描きのポイントになります。

 

 

なので赤ちゃんのお絵描きをする際のポイントは紙を大きめにする口に入れても安全なものにする赤ちゃんが持ちやすいようにする汚れにくいようにするという部分になります。

 

ちなみに大きさとか口に入れても安全なところ、さらに持ちやすさや汚れにくさなどを考えると赤ちゃんのお絵描きにこんなアイテムがオススメです。


スイスイおえかき はらぺこあおむし 水 お絵かき すいすい お絵描き おもちゃ 子供 ぬりえ 塗り絵 らくがき 水お絵描き 水ぬりえ お絵かきお絵描き お絵描き水 ぬりえ水 お絵描きお絵かき パイロットインキ 【TC】

 

 

赤ちゃんのお絵描きのやり方

赤ちゃん

赤ちゃんのお絵描きのやり方はどのようにしていくのがオススメなのかについては、赤ちゃんの自由にやらせるのがいいでしょう。

 

赤ちゃんは手に持っているものを動かす、それによって色が付くといったことを実体験として学んでいく過程なので、描くものの色とか形といった型にはめず赤ちゃんの自由に描かせてあげることで、赤ちゃんが絵に興味をもってどんどん好きになってくれます。

 

なので赤ちゃんがよく分からないものを描いたとしても楽しく描いているのならそれを見守ってあげましょう。

 

 

赤ちゃんのお絵描きはいつからまとめ

赤ちゃんのお絵描きはいつからがいいのかについては大体1歳頃からという人が多いです。

 

ただ、赤ちゃんのお絵描きには汚れや安全性といったものに対して注意をしていく必要がありますし、赤ちゃんの段階だと自由に描かせてあげるのがいいでしょう。

 

スポンサードリンク